Q&A(通知カードと個人番号カード(マイナンバーカード) 4/6)

最終更新日時:2017年(平成29年)9月14日

Q マイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請はどのように行えばよいでしょうか?

A 通知カードと一緒に発送されたマイナンバーカード交付申請書(市区町村役場でももらえます)に必要事項を記入して郵送、又は窓口に提出してください。顔写真の添付が必要なことと、受け取りの際にはマイナンバーカードに埋め込まれたICチップを利用するための暗証番号(4桁の数字)と、パスワード(6~16桁の英数字)を決める必要があることを留意して下さい。他にスマートフォンやPCのウェブサイトからも申請が可能になっています。

Q マイナンバーカードの交付手数料はいくらですか?

A 無料です。ただし、再発行の場合は手数料が発生してしまい、各市区町村で差はありますが概ね500円~1000円程度かかります。

Q 子供でもマイナンバーカードの申請はできますか?

A 可能です。15歳未満の方、および成年被後見人であっても法定代理人(親・後見人)等が申請してマイナンバーカードを受け取ることが出来ます。

Q マイナンバーカード交付申請時に顔写真の添付が必要でしょうか?

A マイナンバーカード申請時には顔写真の添付が必須になります。直近6ヶ月以内に撮影した正面、無帽、無背景の写真を用意しましょう。

Q マイナンバーカードの交付申請は、スマートフォンでできますか?

A マイナンバーカード交付申請書に記載されているQRコードを読み取ることで、専用サイトからの申請が可能です。

Q マイナンバーカードの交付申請はパソコンからも出来ますか?

A パソコンの専用サイトからも交付申請は可能です。

https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/pc.html
上記サイトの上部『オンライン申請用サイトはこちら』の項目からアクセスが可能です。

Q 証明写真の撮影機でマイナンバーカードの申請ができると聞いたのですが?

A 一部の証明写真の撮影機でマイナンバーカードの交付申請が可能です。

Q マイナンバーカードの受け取りに必要な書類はなんですか?

A 通知カード・交付通知書(申請後にやって来るマイナンバーカードが出来ましたよ、という通知書)・住民基本台帳カード(持っていない人は身分証明書)を持参して下さい。他に暗証番号(数字4桁)を3つ(共通でも問題は無し)とパスワード(16桁の英数字)が必要です。

Q マイナンバーカードは身分証明書として使ってもいいのですか?

A マイナンバーカードの表面には顔写真、氏名、住所、生年月日、性別が記載されているため公的な身分証明書としての利用が可能です。ただし、裏面にはマイナンバーが記載されているため、こちら側はメモを取ったり、コピーをしたりすることは出来ません。普段から番号記載部分にシールを貼って隠しておいたり、プラスチックケースに入れるなど簡単には見られないようにしておきましょう。