Q&A(通知カードと個人番号カード(マイナンバーカード) 6/6)

最終更新日時:2017年(平成29年)9月14日

Q 再発行に手数料はかかりますか?

A 最初の通知カード、個人番号カード(マイナンバーカード)の発行は無料ということで統一されているのですが、再発行については各市区町村にゆだねられており、概ね500円から1000円の手数料がかかるようです。

Q マイナンバーカードのICチップから重要な個人情報が筒抜けになりませんか?

A ICチップには税や年金情報、病歴といったプライバシー性の高い情報は入っていません。また、マイナンバーカードのICチップは高い耐タンパー性(ICチップそのものから情報を抜き取りにくい性質)を誇っており、ICチップから個人情報を盗み出されるという可能性は限りなく低いものになっています。

Q マイナンバーカードの取得は義務ですか?

A 義務ではありません。ただし、マイナポータルを始めマイナンバーカードが必要なサービスが随時登場してくることが考えられます。

Q 住民基本台帳カードを持っているのですが、継続して使えるのですか?

A 有効期限内であれば使用可能です。ただし、マイナンバーカード(個人番号カード)が交付開始された平成28年(2016年)1月以降は新規申し込みや再交付、更新が出来ないため新たに取得することは出来ません。またマイナンバーカード交付を受ける際には返納となります(マイナンバーカードで住基カードと同等のサービスを受けられます)

Q マイナンバーカードなどに、点字などの工夫はありますか?

A 通知カードの発送用の封筒には“まいなんばーつうち”と点字加工がされています。またマイナンバーカードのほうも申請時に申し出れば名前のカナを点字表記することも可能です。

Q マイナンバーカード(個人番号カード)ないけどマイナポータルは利用出来ますか?

A 不可能です。マイナポータル利用にはパソコン・ICカードリーダー・マイナンバーカード(個人番号カード)の3点が必須です。